禁煙達成のコツ

手のしびれに負けず禁煙達成へ

タバコを吸う本数がこれまで多かった人は、ニコチン依存になっている可能性が高く、本人だけでは禁煙達成できない場合があります。それは強い離脱症状があらわれるためで、手のしびれを感じる人も多くいます。急にニコチンが体に入らなくなったことによる禁断症状は他にも気分が悪くなったりめまいなどとしてあらわれることもあるため、病院で医師の指示を受けながら禁煙達成を目指せばひどい手のしびれなども感じずにニコチン依存から脱する可能性も高まります。

禁煙外来など設けている病院は多数ありますが他の病院からの紹介がないといけない病院もあるため、タバコの禁断症状で手のしびれなどを感じたら、近くの病院でまずは相談を行ってみると良いです。大きな病院では予約を行うことが必須で、予約しても当日受診できなくなったら外来取消医療機関への連絡を怠らずに済ませます。

外来取消医療機関へ早く連絡を行わないと病院側も次の予定を変えなくてはなりませんから、連絡先は分かりやすくしておくべきです。外来取消医療機関へ再度予約をするときには、予定が変更にならない日時をなるべく指定しましょう。禁煙達成までには日数がかかる場合も多いですから、病院側と信頼関係を気づくためにも、予約に関することはしっかりと対応するべきです。

病院によって治療方法や使われる薬などにも違いがあり、一度禁煙にチャレンジしてもダメだった人は治療を受ける病院を変えてみることも良い方法です。特に依存度が強かった人は、焦らずに少しずつ進めていく気持ちを持てばストレスも溜まりにくいです。他に興味が移るように趣味などを持ち楽しむことも効果的で、何かに集中しているとイライラした気持ちも出にくくなります。