禁煙達成のコツ

肺がん発症の辛さを知ることで禁煙達成を目指す!

肺がん発症の原因としてもっとも大きいのが喫煙です。
肺がんと喫煙の関係は大きく、肺がんの9割が喫煙者もしくは喫煙歴があると言われています。
喫煙者の肺がんによる死亡のリスクは非喫煙者の4倍以上と言われています。
喫煙年数が長い人、1日の喫煙本数が多い人、喫煙開始年齢が若い人ほど肺がんのリスクが高くなるため、禁煙を促すべく、公共交通機関や飲食店、百貨店などでも喫煙席と禁煙席の分煙化や禁煙ブースを設けるなどの工夫がされ、近年ではたばこをやめる人が多く、とくに40代以降で禁煙に取り組む人が多いようです。
問題となるのは、禁煙に取り組むも禁煙達成のためには、それなりの努力や苦労が伴うでしょう。
禁煙に取り組む人で60%の人が禁煙達成とはならず、再び喫煙をしてしまう人がおられます。
肺がん発症後、初期で症状が出ることは少なく、検診などで発見し、早期治療となれば根治も可能ですが、進行した状態で発見された場合、化学療法や放射線治療がメインとなり、副作用を伴なう治療となることもあるでしょう。
とくに、化学療法に伴う副作用は、嘔吐や全身倦怠感、全身の脱毛、体重減少とそれに伴う衰弱、また骨がもろくなり、転んだことなどが原因で骨折などをすることがあります。
肺がん発症は、年齢にかかわらず禁煙達成が可能であれば、禁煙をしたその頃から確率的に低くなります。
肺がんは、がん治療と同様に副作用の辛さで命を落とすこともあります。
がんは不治の病ではない時代であると言われていますが、進行した状態での発見では死亡率が最も高いがんとして知られています。
副作用は主作用を高めるために医師からすれば必要な情報であり、その副作用の出かたをみて、それを最小限に抑えることが治療に求められますが、不幸にも副作用が強く出て救えない命があることも確かです。
このようなことを肝に銘じて禁煙達成に努めると良いでしょう。