禁煙達成のコツ

1日目で挫折せずニコチン置換療法で禁煙達成する方法

禁煙達成を考えても、なかなかうまくできないこともあります。
1日目で挫折してしまう人も多いでしょう。
そんなときにニコチン置換療法を考えるのもひとつの策です。
たばこが健康によくないといわれるのは、タールです。
そのため、これまでの禁煙方法はタールを含まないでニコチンだけ取り込むという方法をとってきました。
たばこをやめられないのは、その中に含まれているニコチンのせいです。
禁煙をしようとしても、ニコチンが体の外に出るまでは結構な時間がかかってしまうので、その間に離脱症状に苦しめられ失敗してしまうということがよくあります。
ニコチン置換療法とは、禁煙を始めてイライラなどの離脱症状が出たときに、禁煙パッチやガムなどでニコチンを補充し、それを軽減するものです。
しかしそれだけですと失敗することもよくあります。
また、2008年からはニコチンを含まないチャンピックスと呼ばれる禁煙内服薬が使えるようにもなりました。
チャンピックスはニコチンを含まず、これまでとは異なったニコチン置換療法となっています。
体にニコチンを入れるのではなく、たばこを吸った時の満足感をチャンピックスが果たして、離脱症状を緩和し、たばこを美味しいと感じなくさせるための療法です。
禁煙達成のためにはまず1日目が重要になってきますが、チャンピックスは飲み始めの8日間は喫煙をしてもいいとされています。
1日目から3日目までは1回0.5mgを食後に飲みます。
そして経過にあわせて量も変化し、これを12週間続けます。
この療法は禁煙達成度が高いといわれています。
禁煙を成功させるためには、何度か挑戦することも必要と言われていますので、1回の失敗で諦めず、何度もチャレンジしてみましょう。